吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

認知症の徘徊 その4

2016年10月31日 06時20分38秒 | 日記
 このような介護の現場はきつい、給与はやすい、そしておまけに訴訟リスクまでも高くなるなら、誰もここで働こうとは思わない。事実このような判決例は増えている。世の中医療費がかかりすぎるということで国は介護事業に力を入れ始めた。しかし十分な手当てが介護業界にないなら人も集まらず、施設も閉鎖になるだろう。今後、訴訟が増える様なことでは介護業界も崩壊していくだろう。

 それにしても対価を支払っているということで、認知症者の管理責任まで全部施設側へ「移譲」されてしまうのであろうか? だとすると今の対価は責任の重さに十分見合うだけのものなのであろうかと思ってしまう。とても不思議なのである。

 それでは認知症者が施設からではなく自宅から家族の目を盗み徘徊に出て、もしその先で亡くなった場合はどういう扱いになるのか? 家族は遺棄したということで「保護責任」を問われないのであろうか?
 あるいはあの列車事故のように家族には責任がなくなるのであろうか? いずれにせよかなり介護施設に対しては厳しい判決である。今後、介護業界は怖がって尻つぼみになる可能性がある。

 現在、産科医のなり手が激減し産科医療は崩壊しつつある。すべてとは言わないが原因の大半は大野病院産科医逮捕事件(最終的には無罪)である。常に逮捕されるんじゃないかと毎日思いつつ仕事をしている業界では誰も働きたくないとうのは当然である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症の徘徊 その3 | トップ | 認知症の徘徊 その5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。