吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

信じませんよ その2

2017年04月21日 06時04分23秒 | 日記
 認知症ではないと診断したが、実は認知症であったため交通事故を起こした時の医師の責任については刑事責任が問われることはないとしている。
 しかし本当かな?と感じる。責任が問われないとのことを行政である「警察庁に確認」したというが、いわゆる被害者が不服を述べる場所は行政ではなく、それは「司法」の場なのである。
 被害者が診断書を書いた医師を被告にしようとすればいくらでもできるのである。いくら警察庁が「医師の責任はない」といっても行政と司法は別のものである。
 いざ司法の裁判になればこの医師の専門性や能力や、診断にいたった診療経過などが根掘り葉掘り、(実績をあげようとする弁護士によって)「アラさがし」されるのである。
 少しでも診断根拠に「曇り」でもあれば、その分について医師の責任が追及される可能性もあるのだ。ここのところは落とし穴である。
 また「刑事責任はない」といっているが「民事責任」については言及されていない。なんのかんのといっても損害を被った者が誰をターゲット(被告)にするかは制限されていない。
 医師というものは許認可権を保有している関係上、免責などというものはありえないと考えていたほうがよい。
 ふぅ、あぶない、あぶない、このニュースにだまされるところだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じませんよ その1 | トップ | 愚痴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。