吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

プロ意識 その2

2017年07月08日 05時44分02秒 | 日記
 将棋とプロレスでは対比にならないかもしれないが、この2人の共通点は最初から自分が主役で、自分が勝つつもりでいることである。
 負けることは最初から頭にはない。勝つことが当たり前と信じている。初めから「いい勝負」が作れるかという考えはプロ意識である。勝ち負けだけの世界ならアマチュアである。なるほど、ただ強いだけではプロは務まらないのである。

 音楽でもそうであろう。ただ唄や演奏が上手いだけではだめで、いかに観客を楽しませることができるかどうかであろう。ただ自分の技術の優先性、卓越性を見せるだけでは、最初は「ほ~、うまいなぁ~」と感心させることはできるが、それは一瞬のものでありすぐに飽きられる。
 いかに最後まで観客を惹きつけておけるかがプロであるかの所以であろう。
 そして一流のプロの条件は最後まで観客を惹きつけるだけでなく、帰路に就いた観客に「ああまた観にこよう」と思わせられるかなのである。今回この羽生三冠の「羽生にらみ」の真意を知ってプロ意識を感じたのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ意識 その1 | トップ | 都議会選挙 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。