吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

詐欺師 その6

2017年05月13日 05時56分02秒 | 日記
 今回籠池元理事長が、相手組織に利害関係のある個人の名前を出すことにより自分の意向を忖度してもらうことは、結局、詐欺師が相手の組織の長の名前を出すことで自分の意見を通させる方法と似ていると感じたのである。
籠池元理事長が詐欺師かどうかは自分の知るところではないが、手法としては詐欺師のそれなのである。

 この事件を見るにつけ当時自分が若かりし頃の詐欺師事件を思い出す。今、何をしているのか知らないが、また開腹手術痕が増えているのではなかろうか? あんなにたくさん手術したら癒着性腸閉塞になる可能性が高くなるのに・・・と思うのである。
 この相手側に自分の意向を忖度させる手法は一般社会では通用するかもしれない。でも医療の現場はちょっと違う。大きな病院で組織体型になっていても医師の集団なんてみんな「個人商店主の寄合」のようなものである。みんな各々が自分が大将なのである。だから「現場医師にそこの院長の名前を出すと逆効果になる」ということは思いもつかないであろう。
 自分はあの詐欺師に騙されたわけではないが、結果的に逃げられて「お間抜け医師」としてTVにでてしまったのでちょっとわだかまりは残っている。あの詐欺師も今生きていれば80歳はゆうに過ぎているだろうに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詐欺師 その5 | トップ | 傷害事件 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。