吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

誤嚥性肺炎 その2

2017年07月27日 06時21分41秒 | 日記
 しかし、食事ができるくらいの生理機能のある人は、咳反射も(衰えて弱くはなっているが)まだ保たれている。ある程度の咳で異物は体外に排出されるので、肺炎程度は起こすかもしれないが、それが死亡原因にまでつながるのは多くはないと考える。
 
 むしろ怖いのは、寝たきりで意識がなく、常に臥床しており胃瘻から栄養物を入れているような人の方が危ないのである。

 ある研究であるが、寝たきりの人の胃に色素を入れて翌日気管内から喀痰を吸引すると色素が検出されるのである。
 つまりこのような寝たきりの人は胃からの胃液、胃酸、食物残差などが、知らない間に自然に食道を逆流し、それが気管~気管支にまで入り込んでいるのである。
 しかも咳反射もない。つまりこのような人たちは自力で食事をしていないにもかかわらず「慢性的にいつも胃内容物が気管支に入り込んでいる」と解釈できるのである。つまりこのような人たちこそ常に誤嚥性肺炎のハイリスクグループなのである。
 食事ができる人達よりも、食事すらできない人達の方が「誤嚥性肺炎」のリスクは高いのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誤嚥性肺炎 その1 | トップ | 誤嚥性肺炎 その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。