吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

お馴染みの会話 その2

2016年12月28日 15時20分36秒 | 日記
 時々、風邪の患者さんで抗菌薬(抗生物質)を出してくれと希望される患者さんがいる。

 「風邪に抗菌薬は効きませんよ」といっても「それでもいいから」と言われる。「それでもいい」と言われても困るのである。抗菌薬の不適切投与は耐性菌の誘導につながり、本人にも世の中にも大きな不利益となる。

 昔、耐性菌のMRSAで患者が死亡した訴訟では完全に医療側が負けている。効かないのならこちらも投与したくないのである。

 以前はそこまできちんと説明していた。でも抗菌薬を希望される患者さんは、そんなことでは折れない方も多く納得してくれないことが多い。

 だから最近では面倒臭いので「抗菌薬欲しいんですか? あ いいですよ。出しましょう」という会話がお馴染みになってしまった。
 5~10分かけて説明して、それでも納得されず不信感をもたれたまま手ぶらで返すより、わずか数秒の「いいですよ、出しましょう」で患者さんも抗菌薬を持って「喜んで」帰るのである。
 外来混雑時には特に「そう」なってしまう傾向が強い。

 もちろんこんなこと、いけないと分かっているのだが・・・。来年から改めるようにしないと・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お馴染みの会話 その1 | トップ | 本年最終診療日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。