力丸ママの気ままな日記

時々日々の出来事を日記にします。

朗読と語りの会

2010-02-28 18:43:36 | Weblog

このマンションに彩友会というのがあります

絵を描いたりおしゃべりしたり
私が入っているのではなくて夫が入っています。

マンションの今年の理事長さんの奥様は朗読のプロだということが判り2号棟にも語りべさんがいらっしゃることが判り親睦を兼ねて今日集会室で開催されました。
40人くらい集まりました。

夫は午前中にその後の親睦会用のおつまみを買いに行ったり大忙し

2時から始まり朗読では初恋(島崎藤村)他2つ。短い小説再会(内海隆一郎)、そして佐藤愛子さんのエトのせいと講演会のエピソードなど、

やはりプロはちがう。行間の間といい滑舌のよさに引き込まれた。

2部は語りで山形出身のプロの方で練馬区の学校などを回っているそうです。この方も2号棟にいらっしゃる

「百曲がりの河童」「若返りの水」「絵姿姉さま」乃童話のお話、今回は初めてだったので子供は入れなかったのですが次回はぜひ孫に聞かせてあげたいと思いました。

大きなマンションに住んでいると意外に知らないその道のプロさんがいて去年もえの展覧会をしたときに出品してくださったり、とても素晴しい交流だと思いました。

私はその後の力丸の散歩もあるので交流会には出席しなかったけど帰りにハルちゃんのママが自分がこのマンションに入ったときはこんな事考えられない事だったっておっしゃっていてこういう会がどんどん行われるといいわねって話ながら帰ってきた。

夫はまだ帰ってこないけど喜んでいらっしゃったよって教えてあげよう

高齢化が進む私の住んでいるマンションもこういうことで若い人共々交流が出来て顔見知りになることって大事だと思いました。

そういう小さな会が段々と大きな輪になっていけばいいけど!

写真は近くの三宝寺さんの枝垂梅です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた大地震

2010-02-27 20:22:54 | Weblog

オリンピックも終盤で女子のフィギアが終わると私の頭の中は冬のオリンピックがおわりです。
朝は雨が降っていましたがお昼から雨が上がりました

明日は又降るというので公園へ行ってきました
ハシビロガミ君が羽を広げたところを写すことができました

羽の色がきれいだから一段と映えます

夕方のニュースでチリの大地震、まだ被害状況も定かではないけどマグニチュード8,8なんて想像も出来ません。
被害が少ないことを願っています。

世界蘭展2010のアルバムをUPしました
お暇なときにでも見てください
http://rikimarunoheya.hanabie.com/2010ranntenn.html

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

Topsのチョコレートケーキ

2010-02-26 15:07:57 | Weblog

長男はお酒はほどほどにしか飲まないのだけれど洋菓子が大好き

妻の好江ちゃんがケーキ作りが上手だからありがたいと思っている。

昨日夜8時半ごろ今日は早く仕事が終わったから今駅にいるけど30分くらいお邪魔するって!
絵里子の運動靴のお礼なんていいのにTopsのチョコレートケーキを買ってきた。
自分の家の分と2つ、ビールとおつまみとこのケーキを持ってきて30分くらい話して帰っていった。

もう10年以上前に夫がこのケーキを買ってきたら息子がやみつきになりしょっちゅう自分で買ってくる。

私はNHKのハイビジョン100年トークで蓮池薫さんのインタビューを見ていたからお相手は夫に任せて!

私にはこのチョコレートケーキはちょっと甘すぎるけれど甘いものは大好きだからうれしかった。
1本じゃ夫はまり食べないし今朝姉の家におすそ分けしてきた

真央ちゃん見ながら食べてねって

真央ちゃん銀メダルだけれどトリプルアクセル2回決めてよく頑張ったと思う

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春一番

2010-02-25 18:42:54 | Weblog

午後は結構風があると思ったら春一番だそうです。

風邪引いた月曜日に夫が川津桜結構咲いていたよといっていたけどいかれなかった。

今日は暖かいというよりあまりに急に気温が上がり変な感じ、上着を着ていたら汗ばむ。

近くの団地に2本だけある河津桜、今日行ったらもう散り始めていてきれいじゃない。
びっくり!

あまりに早くてメジロも蜜を吸っちゃったのか見かけなくてがっかり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次男に叱られた

2010-02-24 20:33:42 | Weblog

今日夫が悠晟にお祝いを届けた

心臓の検査の事、それよりも「肺がんを疑われていたので結果が出るまでお祝いの電話もしないでごめんなさい」と言ったらしい

そしたら次男から電話があって【ちょっと忙しかったから来週にでも行こうかと思っていたんだけれど何でそういうことを知らせないのって?】

私は「小さな子供がいるからもし本当にそうだったら入院後の事もお願いしないといけないとは思っていたけど心配かけたくなかったから」って言ったら【家族だから皆で心配するのが当たり前だろう、他人じゃないんだぞ】ってすごい剣幕で叱られた。

でもありがたかった。
小さいときからいたずらでぺこぺこ頭ばっかり下げてきた私に説教するような年齢になったんだな~って

娘がいないのもちょっとさびしいと思ったけど息子達は頼もしい。

写真は昨日のメジロ達

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加