力丸ママの気ままな日記

時々日々の出来事を日記にします。

さだまさしコンサート

2007-12-09 15:20:05 | Weblog

先日【さだまさしンサート】に行ってきた。
毎回思い出すことがある

長男は意匠設計を専攻して就職した。
最初の3年間は全部覚えるということで施工もやることになり最初の赴任地が大阪支店、
独身寮は西の宮にあり最初の現場が海遊館の隣のビルだった。
その時の現場の所長が息子に最初にかけた言葉が【わしは東京人はきらいや、なんで大学院出がここへ来るんや、俺は中学出て現場でたたき上げてこれまでになったんや】と言ったそうだ。
それからは何かにつけて東京言葉が気に入らない、とか仕事に関係ないことでいじめにあった。
副所長が色々フォローしてくださったがかなりやつれて夏休みに帰ってきた。

長男は六甲で生まれ3年間六甲社宅にいて東京に来てから就職するまで東京育ち大阪弁が使えるわけもなくそれでも必死にイントネーションが違う大阪弁を使っていた。
秋に入り会社を辞めようかと思うと電話が来た。
そのとき私はさだまさしの歌、【主人公】の一節(あなたの人生の中ではいつでも自分が主人公です)と言うフレーズをおもいだし[ 死にたいと思うくらい辛かったら会社を捨てなさい、そしてなたの人生の中ではあなたがいつでも主人公なのだからね。理不尽なことはたとえ新入社員といえどもきちんと人事部に言ってよいと思うよ] といった。

その後その所長はもちろんこ降格になり3年間の現場も終わり本社に戻ってきた。

今では一児の父になり大きなマンションやビルの設計に携わりあのときの3年間の現場が机の上で線引きだけでは得られない貴重な勉強にもなったそうだがあの理不尽な所長に耐えれたのはお母さんが言ってくれたことばが辞めないという心になったと後から話してくれた

私はその時の言葉が[さだまさしの歌なのよ]とは今だに言っていない。

コンサートで歌われるさだまさしの詩が私の人生の中でも勇気付けられたり、
しみじみと日本人の心をよみがえらせてくれる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六本木でー | トップ | 癌研付属病院 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キャンドル)
2007-12-10 19:45:29
いいお話ですね~
母は強し 頼りになりますね

頭から押し付けるだけでなく
一人の人格をみてあげないとですね
我が家も ぐずぐす言っていますが

いろいろな事があると思います
覚えておきたいフレーズですね
Unknown (力丸ママ)
2007-12-10 21:00:02
キャンちゃん
コメントありがとう。
我が家も長男と次男はまったく性格が違うのね
でもそれぞれの人生は何時も自分が主人公だからって思っています。
母は息子がいくつになっても子供ですものね
すばらしいおかあさん (ぴかくん)
2007-12-11 19:35:36
息子さんはどんだけ母ちゃんに助けられたことでしょうか。
勇気づけられきっと
心の底からおかあさんありがとうだったと感じます。

Unknown (力丸ママ)
2007-12-11 23:51:30
ぴかくんありがとう
まっさんのもう一つ題名を忘れちゃったのだけど【世界中を敵に回しても君の味方】って歌詞があるのだけど次男にはそれをつかったことあるの。
ちょっと道を外れて不良っぽくなったとき!それも次男にはまっさんの歌詞だとは言っていないのよ。
(=^▽^=)あはっ~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
さだまさし (すずの日記)
さだまさし| Blood = A型| School_background = 國學院大學法学部中退| Died =| Origin = ・長崎県長崎市| Instrument = ヴァイオリンフォークギター| Genre = フォークソングニューミュージック| Occupation = シンガーソングライターラジオパーソナリ...