goo

ふくのハミガキ日記(2) - あれから2カ月経ちました。


「そういえばハミガキ記事、あれっきりじゃない?」


そろそろそんな声が聞こえてきそうな今日この頃。
皆さまお元気でいらっしゃいますでしょうか?ぴっぴです。


7月に豊中のSham:poo+さんにお邪魔して、ふくまろのデンタルケアについてのアドバイスをいただいてきたことは、「ふくのハミガキ日記(1) - Sham:poo+さんに行って来たよ!」で触れましたが、それから2カ月ちょっと、どんな感じかといいますと・・・

何かにつけて三日坊主な私にしてはちゃんと継続して”コットン歯磨き”頑張っています!


その甲斐あってか、この度ようやく目に見えた変化がありました!


下の2枚の写真、左側が7月の写真、右側が9月11日に写したものですが、違い分かりますかねぇ???





犬歯の前の小さな歯についていた歯石が取れたんですよ!!

やった~~~っっ


歯磨きの最中に取れたわけではないので、多分、ハミガキ後のご褒美であげている馬アキレスを噛んでいる時にポロっと取れたのではないかと推測しています。


ふくまろの場合、歯肉の状態は決して悪くはないけれど、口のケアをされることへの抵抗感の強さが課題と言われています。そんなふくまろ相手ですから、正直歯石の除去は二の次で、日々のケアでは歯肉の炎症を進行させない事を第一目標としていました。でも、こうやってケアの効果が目に見える形で確認出来ると、ご褒美をもらったような気持ちになりますね!

当のふくまろ君、相変わらずケアされることは苦手だけど、それでもなんとか、朝晩のデンタルケアを受け入れてくれています!多少は進歩してるの…かな?

ということで、このふくまろ(と私(笑))の頑張りを無駄にしないためにも、ふくが今より少しでも「ハミガキって悪くない」って思ってくれるように、優しく素早く丁寧にケア出来るようになっていきたいと思います!

おっしゃ、がんばるぞー!

利き手じゃない方にも変化がでるといいなー!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

さっぱりこん♪

すっかり夏本番。毎日暑いですね~。

実はワタクシ、恥ずかしながら昨日、熱中症でダウンしました。
去年にも一度同じ事をしているのに、全く学習しないヤツ…orz

朝ご飯食べずに動き回っちゃいけませんね。
水分はこまめに摂らないといけませんね。
皆様も熱中症には十分ご注意ください。

さて、そんな三連休の最終日はふくちゃんのトリミングDAYでしたっ☆
今回もエジソンさんでカットしていただきました。かれこれ10ヶ月くらい前からお世話になっています。仕上げに手作りのチョーカーを付けて下さるのですが、これが毎回私の密かな楽しみです♪



飼い主が楽するため……じゃなくて、これから益々暑くなりますので、手足ボディはスッキリで(笑)。

今月は月末に可愛いお嬢さんとのご対面を予定しているので、こまめにブラッシングしてキレイにしておきましょうねっ☆


…て、れれれ?



やっぱりトリミングに行った日は疲れるみたいだね。

今日はゆっくり寝ましょうね~。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ふくのハミガキ日記(1) - Sham:poo+さんに行って来たよ!

わんこにもデンタルケアは必要、というのが一般的になったのはいつからでしょうね?その昔はドライフードを食べてれば大丈夫なんて言われたりもしましたが、実際にはその子の食べ物の好みや生活習慣、体質や環境で大きく事情は異なるようです。
参考→ http://allabout.co.jp/gm/gc/44002/

ふくの歯に歯石を確認し始めたのは3歳になった頃。丁度、私が骨折、入院をしたりしてお手入れが”ずさん”になってしまった頃からでした。歯石は病院でスケーリングしてもらうしかない、そう思い、病院に相談にも行きましたが、先生には「一度スケーリングすると、その後もっと歯石が付きやすくなるから、もう少し様子をみてもいいんじゃないか?」と言われ先送りにしていたのでした。

本当にスケーリングしか手段がないのかな?ある時からそう思うようになりました。というのも、ワンコのスケーリングは全身麻酔して行うと聞いたからです。(※麻酔なしでやってくれるところもありますが、その場合でも少なからずワンコには負担が伴います。)これまで人生で3回も全身麻酔を受けてる私が言うのも変な話しですが(笑)

Webなどを調べると、自宅ケアでも歯石を除去出来るケア剤が売られていたり、綺麗な歯になりましたという口コミがあるのを見つけました。そのいくつかを買って試してみたりはしたのですが、結局、毎回、思うような結果は得られず、それだけならまだしも、その度にふくはどんどんハミガキ嫌いになってしまい、歯石は厚く茶色く蓄積してしまうという事態でした。

ヤバい!もう限界かも!?っていうか、既に歯周病が進んでいるのかも!?

歯茎を拭くと頻繁に血液が着くようになった時、このままじゃいけない、と思いました。今年の春の事です。

そこでたどり着いたのが、大阪 豊中でトリミングサロンをしているSham:poo+さんのブログでした。

こちらのトリミングサロンでは、人とWanが幸せな生活を送るためのお手伝いをするために…というコンセプトの元、トリミングやしつけ教室の他に、動物看護師の経験をもったMAKIさんによるデンタルケア教室が受けられるのです!横浜にも東京にももしかしたら探せばあるかもしれない??そう思い、google先生に色々尋ねてみましたが、私の調べた範囲では、このように飼い主にワンコのデンタルケアを指導してくれる所というのは、見つけられませんでした。

飼い主さんが自分でケア出来るようになるためのアドバイスをしてくれる。実際にサロンに通われているワンコちゃん達の記事を読み、ふくの現状をみてもらい、自宅でのケアを相談するのはここだ!って思いました。治療だったら病院でいいと思います。でも、私が知りたかったのは毎日の接し方、ケアの仕方だったので。

もぐもぐさんに「私とふくを一日修行に行かせて下さい」そうお願いしてOKをもらいました。新幹線代を払ってくれたもぐもぐさんのためにも、しっかり見てもらってくるぞ!!!!そんな思いで豊中に行ってきました。勿論、ふくちゃんにとっては初めての新幹線です。

---

Sham:poo+さんに到着すると、看板犬のpooちゃんが熱烈大歓迎してくれました。
ふわっふわの毛はすごくシルキーで手触りが良く、人懐っこい表情が最高に可愛い子でした。すぐにお腹を向けてくれるんですよっ♪お客さんに壁を作らない、生まれながらにしての看板犬なんじゃないかな?というとっても可愛いお嬢さんでした。



超ド級の人見知りワンコ、ふくまろくんも、pooちゃんの天真爛漫さのおかげで、比較的早く場の空気に馴れてくれたように思います。

MAKIさんにふくを看てもらいました。今年の春、Sham:poo+さんのお手入れ方法を知ってから、ペットキスのマウスクリーナーをお手入れに加えるようにしていましたが、見た目はこんな感じで歯石ベットリ。



「これじゃダメですね」そんな風に言われちゃったらどうしよう~っっとビビる私にMAKIさんは丁寧にふくの歯の特徴、生活の習慣を説明してくれました。

*効き歯は左側。
*固いもの(多分、馬アキレス)を奥歯で噛んでいることで、奥歯の歯石は自然と剥がれ落ちている(ペットキスのおかげもあるんだと思う)
*前歯をあまり使わない。そのため、左右とも前歯~犬歯にかけて歯石が歯肉に被ってしまってる。歯茎が赤く、歯肉炎が見受けられる。
*効き歯でない右側は一番奥の小さい歯のあたりに歯石が溜まっていて、歯茎も赤くなっている。
*歯肉が赤くなっているところは、触られると痛い。
*歯肉は心配するほど悪くなってはいない。痩せて逃げてしまうところまで悪化してる箇所はない(ほっ)
*下の歯は、犬歯の内側に歯茎の赤くなっている所があるが、それ以外は今のところ気にしなくて大丈夫
*歯石の付き安い体質だけど、歯茎は弱くはない。
*ハミガキで相当痛い思いをしている。ハミガキに拒絶反応があるのはそのせいでしょう。

「自宅のお手入れで間に合いますよ。良くなりますよ。焦らずやっていきましょう。」そう、優しい言葉をかけていただきました。

正直なところ、心配していたほどに状態が悪くなくてホッとしたの半分。最後の項目、ハミガキで痛い思いをしているという言葉に申し訳なくショックだったの半分…でした。

「ワンコは痛い事をされた記憶を忘れません。だから、時間はかかるかもしれないけど、今からは『あれ?それほど痛くないぞ?』という新しい記憶を積み上げていって、ハミガキに対する抵抗感を薄くしていってあげましょう。」

全くその通りだと思いました。これまで私は歯石憎し!の気持ちからハミガキを力任せにしていたんだと思います。小さい口にゴシゴシ力づくで指を突っ込んだら、誰だって嫌な気分になります…よね。取り去るべきは歯石ではなく、歯周病菌、歯肉の炎症なんだって事を教えていただきました。

さて、MAKIさんに勧めてもらったケアの方法は思っていたよりもシンプルなものでした。

1)ケアは朝晩2回。特に朝は大事。(寝てる間に増殖した菌が沢山あるので)
2)体勢は、ワンコに負担が少なく、飼い主さんにとってケアしやすいルックアップ式。
3)水で湿らせたコットンにマウスクリーナーををつけて、歯と歯肉を拭いてあげる。(バイオフィルムを除去し、その後の薬剤の浸透を良くする。)
4)ペティを指に少量とり、歯茎数カ所につけて、頬の上から歯肉をマッサージするように馴染ませる。(ペティは歯周病菌を減らしてくれる効果があります。)

「ペティをつけた後でおやつ(ご褒美)をあげてもいいですよ。」とMAKIさん。ケアの後に食べ物を与える事で、ケア剤が流れてしまうことのマイナスよりも、ハミガキをするとご褒美がもらえる、いいことが起きるという経験を積ませるプラスの方が大きいと思いますよ。と、ここでもワンコの気持ちを考えたアドバイスをして下さいました。

Webでケア剤の使用法を読み、その通りに使用しようと思うとき、何かイレギュラーな事、書かれた通りに出来なかった事があると、どうしても不安がつきまといます。でも、これまで数多くのワンコのお口ケアをして来た方に、心配しなくていい事、注意して実行することのポイントを教えてもらうことで、飼い主の方も安心して、自信をもってケアにあたれるようになるという効果、少なくとも我が家にとっては新幹線代分以上の価値があったと思います。

残念ながらご近所さんではないので、頻繁にMAKIさんに見ていただく事は出来ないけれど、次に見てもらった時に少しでもいい方に変化が起こっている事を願いつつ、あとは実践あるのみ!!という気持ちで大阪を後にしたのでした。

今日掲載したふくちゃんの歯、歯肉の状態がどう変化していくか、定期的にアップしたいと思います。

ブログの更新は忘れてもハミガキは忘れないぞ!という気持ちでふくちゃんの頑張りを無駄にしないように取り組んでいきたいと思います!!


コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

ぼんぼりしっぽちゃん

あ、そうそう、そういえば。


ふくちゃんのシッポといえば、長くこのような”きりたんぽ”ちゃんでございましたが、





昨年暮れのあたりから、このような”ぼんぼり”シッポちゃんにしています。





ちっちゃい綿菓子つけて歩いてるみたいでしょ。(*^^*)





コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ごほうび♪


はむはむ。



かみかみ。



がじがじ。



牛皮ガム、さいこ~~~っっ


最近、歯磨き後のご褒美として、牛皮ガムをあげるようにしています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ