晴登雨読

山と自然を楽しみ、より良き社会を望む自由人。
飛騨 鈴鹿 大峰など日本百名山から里山まで山の魅力と美しさを記録する。

ミヤマキリシマの咲く九重連山へ

2017-06-14 21:48:59 | 九州の山
ミヤマキリシマが美しい・久住の峰々と坊がつる
 1700m級の山が8座も連なる九州.九重連山。
人みな花に 酔うときも残雪恋し 山に入り涙を流す山男
雪解(ゆきげ)の水に春を知る
みやまきりしま 咲き誇り山紅に大船の峰を仰ぎて山男
花の情けを知る者ぞ
 この歌詞に惹かれて憧れの地となっていた「坊がつる」。ミヤマキリシマ満開のこの時期に、ここを訪れることができるとあってわくわくする山旅となった。
 6月7日早朝、大阪南港からフェリーで別府港に着いたがあいにくの雨。そこで当初に予定していた牧ノ戸から久住山をへて法華院温泉をめざすルートを変更して、初日に長者ヶ原から雨が池越えから坊がずるに下り法華院温泉に宿泊。2日目(8日)に大船山へピストンの後、法華院温泉から北千里を通過して久住別れから久住山へ、そして牧ノ戸へ下ることに変更した。
関連ーhttp://4travel.jp/traveler/tosihiro/

 初日は、激しい雨の中をずぶぬれになりながら法華院温泉に14時過ぎに到着した。雨に濡れそぼるミヤマキリシマが美しく雨の中の山行を楽しめた。

ミヤマキリシマが美しい『雨が池』

雨に曇る『坊がつる』

法華院温泉に14時過ぎに到着


2日目、快晴の中大船山へ、そして久住山をめぐる
2日目、法華院温泉を早朝6時30分出発、大船山をめざす。「坊がづる」はもやっていました。

段原あたりからは、満開の「ミヤマキリシマ」の群落が見事です。



大船山直下の断崖とミヤマキリシマ

大船山頂上より久住山を望む

大船山頂上 標高1786.4m

大船山より北大船、尾根道のミヤマキリシマ群落

大船山より坊がつると法華院温泉

頂上直下の「御池」

大船山を坊がつるまで下って振り仰ぐ


そして坊がつるキャンプ場からこれから目指す久住山方向

法華院温泉の裏手に聳える断崖に咲くミヤマキリシマ


一面荒涼とした風景に代わる「北千里浜」

北千里浜をつめれば「久住別れ」ここから荒涼とした硫黄山方向を振る帰る

久住別れから「久住山」をめざす

久住山の山頂

久住山山頂 この頂は1786.6m

久住山山頂は360度の大パノラマ
登ってきた硫黄山方向

東の稲星山

中岳への道





扇ヶ鼻分岐あたりのミヤマキリシマ



沓掛山を下った第一展望台より、今下ってきた「久住山」を振り返る

午後4時30分、「坊がつる賛歌」歌碑の牧の戸登山口に到着

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 押立森林組合の体験ハイキン... | トップ | 大展望が開ける「由布岳」へ登る »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-06-17 06:19:06
遠路から くじゅう登山お疲れ様でした
初日は あいにくの雨で 残念でしたが
法華院山荘宿泊後の翌日は 快晴で良かったです
皆さま 日常の行いが良いですね

大船山をピストンの後
さらに 坊がつるから 久住分れまでの急登り
結構ハードだったでしょう
みな様健脚ですね

北千里浜から 硫黄山は 異国情緒を感じる光景ですね
自分もお気に入りの場所です
登山は 丁度ミヤマキリシマが見ごろで
山肌をピンクに染める光景
ご覧いただくことが出来て本当に良かったですね

大変おお疲れ様でした
くじゅうは 紅葉も綺麗ですよ
同じコースで 見事な紅葉が楽しめます

また機会ありましたら
ぜひお出かけください よろしくお願いします。

コメントを投稿

九州の山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。