熊の小言集

なんか余計な事を喋ってるブログです。
嫌味な事もタラタラ書いてるTwitterみたいなブログ...(⌒~⌒)

エレガットの購入

2016-10-14 05:58:15 | 日記
子供の頃、我が家の居間の片隅にガットギターが立て掛けてありました。

いつの時か気付いたのですが、ギターなどに全く興味ない私は、そこにギターがあるね...

程度にしか思っていませんでした。

後に両親に聞いてはみましたが、2人共、特に理由も分からず...

と言うか、よくは覚えてなかったようですが、とにかく誰かに貰ったらしい事だけは分かりました。

我が家でギターを弾ける人は居ませんでした。なのでそのガットギターも単なるディスプレイ、それもメチャクチャ邪魔な置物でしかありませんでした。

少しコンパクトなタイプのではあったので我慢も出来たのかもしれません。

普通の大きさでしたら、両親の性格から多分...

速攻で捨てられていたと思います。両親は必要なものは何十年と使い続けますが、要らないとなるとあっさりと捨てる性格。

更に、要らないものでも余り邪魔しないものや、人からの頂き物などは意外に残したりします。

そんな条件に当てはまったのでしょう。誰一人として弾けもしないギターですが、どうにかこうにか我が家の居間に何年も置かれる事になりました。

私が高校生の頃に妹からギターを買わないか?と持ちかけられました。フォークギターです。

どうやら少し前に買ったらしいのですが挫折して売りに出した...

そゆ事らしく、今のようにインターネットが普及してる訳でなし、売り先に困り私に話を持ちかけてきた、そんな事のようです。

ケース無し、とにかく付属品全くなしで1万5千円だったと思います。もう捨ててしまったので(後に倒して壊してしまったから)、メーカーとか調べる由もありません。

特にメーカーとかに拘った訳もありませんでしたしね。弾けもしませんでしたし、正直興味もサラサラありませんでしたから。

しかし妹の頼みだし、そこは兄貴として何とかしてやるかみたいな感情があったと思います。

全く触った事もなかったギターを手にして、まぁそのままにしておくのもと、本屋で教本を買ってきて練習を始めました。

その流れで、居間にあるガットギターも時たま弾いたりしていました。

ただその後ものめり込む事もなく、フォークギターもハイコード辺りでつまずいて、結局ベースに以降し、更に大人になってからはベースすら弾かず。

ギターなんて、家の中で弾こうものなら家族にうるさいだの何だのと。

その内、私は大阪に転勤。丸4年の月日を費やし、家に戻った時、ある日にフォークギターを倒して壊し、結局は捨てる事に。

もうギターなんて弾く事も、弾こうとも全く思っていませんでしたからね。

そして...

居間にあったガットギター。その事もすっかり忘れていて。と言うか...

全く気にも止めず、そこにあった事すら忘れていて。

そうです、記憶が曖昧なんですが、私が帰京した時には既に無くなっていたような。でも興味も何もないので気にもせず。

で、最近ギターを再開して、あのガットギター...

どうしたんだろうって気になり、しかし両親に聞いても分からず。兎にも角にも両親の答えとしては捨てたんじゃないかな〜と。

しかも相当昔だよって。そうですね、多分私が大阪に行ってた頃に処分したんだろうと思え、となれば30年は経過していて...

そんなものの記憶なんて誰も持ち合わせちゃいね〜ってとこですね(^-^;

いずれにしても惜しい事です。我が家に(自分を含め)、もう少し音楽なるものに興味を抱く人間が居てくれたなら、あのガットギターも今だに残されていたでしょうに。

さすればガットギターも練習出来たのにな〜って。

昔は、若い頃のギターを練習してた時にはガットギターのしみったれた音よりガツガツしたフォークギターの音に惹かれてましたからね、

でも今は何となく違うんですね。

50も半ばになるとフォークギターの音が意外にうるさく、耳に痛さすら感じ、ガットギターの、昔しみったれた音だな〜と思っていたものが、今では何と言うか...

凄く心地良いんですね。静かで、しかし弾き方によってダイナミックさも醸し出せる。

YouTubeで歌手が弾き語るのを見て、年配になって渋さを増した人がガットギターでしっとりと歌ってるのを聴くと...

何とも言えない風情を感じ、もの凄くいいんですよね〜

若い時には絶対に解らなかった音だな〜と、そう感じました。

やはりガットギターも一本持っていたいなと。

ってな事で、ガットギター買います。エレガットですね。つまりアンプを繋げられるガットギター。

5万円以内なら資金調達も何とかなりそうですんでね。まっ正直少し無理しますが、でも買ってみます、エレガット。

その後は当分先になってしまうかもしれませんが、オベーションの中古のUSA。

初めはオベーションUSAを一本のみ購入するか、その前に12弦やガットギターの安いのも購入するか迷ったんですけど。

しかし一本良いものをと12弦やガットギターは止める事にしてたんですが...

やはりジジイの弾き語りにはガットギターが似合ってると。やはりジジイにはあの音かな?と。

かと言って高額な良いガットギターを一本ってな事にもなれず、やはりオベーションUSAは一本必ず欲しいし。

そゆ事で、何とか調達した資金は5万円。それ以内でエレガットを探す。

取り敢えずはオベーションの韓国製の中古のエレガット。目に付けてるのは39,800円のもの。

まぁ練習も兼ねますし、とにかく予算はそこまでなので、諸々込み込みを考えると、その辺りの価格が妥当かな?って。

しかしエレガット(ガットギター)とかの中古は、正直人気ないみたいで、4〜5万円周辺のが結構あるようです。

そこで、どうせなら韓国製だとしても、昔憧れてたオベーションのエレガットにするかねと。

音云々、質云々ではなく、オベーションのエレガットに拘ってみようかと。

今月、ショップに問い合わせてみます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犯罪集団大学 | トップ | 当たり前です »
最近の画像もっと見る

あわせて読む