20年以上苦しむ日常

20年以上摂食障害です

タバコと摂食障害

2017-05-16 08:52:31 | ダイエット



美容に大敵なのが

タバコ

今はあんまり喫煙している女性をみかけません

ですが私の時代は、吸っている女性、おおかった

マナーも悪くて、歩きたばこ

座りタバコ

どこでも、吸っていたとゆうイメージがあります


摂食障害が始まる前からタバコを吸っていたいので

摂食障害になったときに


精神的には、まだ救われて?いたような気がする


ダイエットによるイライラ感

それはかなり軽減されました


あと、お腹空いて、どうしようもないときも

タバコを吸うことで、食べたくなくなったり


たしかに


タバコ=食欲の低下


もありました


何を食べても美味しくないんです


タバコのヤニ?

口の中がタバコ臭いので

美味しいものを口にいれても

美味しいと思わないんですよね


ですが過食嘔吐してるときは


食べたいものがいっぱいあった

とゆう、なんか矛盾した話ですけど


その当時一日1食とか

酷いときは

リプトンのレモンティ
牛乳パックくらいの大きさの、あれだけ

とかありました。

あとポテトチxtプ一袋だけ。


サラダと水割りだけ、の日とか。


とにかく自分をいじめまくってた。


あのままの食生活だったら、今、いきてないかも


ておもう。


タバコをやめたのは35,6さいのころかな


禁煙の努力は30すぎに一度したんですが失敗。

そのあと、2年後くらいに


禁煙パッチ


をして成功するものの


旦那が、また吸い出したので、失敗


その後、もう一度トライして、いまにいたります

やめて、かなりたちます

やめたあとに



白米がこんなに美味しいんだ

と初めて知ったかのような感動がありました



タバコを吸うと確かに痩せる

しかしそれは、美しさとゆうものがなくなる


と思ったほうがいいでしょう。


タバコを長年吸っている叔母は、お肌が浅黒く、歯茎もヤニだらけ


歯も黄色い。


息もくさい。



お肌の艶

そういったものは、もう取り戻せないでしょう。



私はやめて、何年もたちましたが


お肌、綺麗ね、と40前にいわれました

色が白いね~とほめられたことも。


そうです


やめて、初めてお肌がつるつる、てことを経験しました


綺麗な20代のときも、なんか、いつもお肌が気に食わなくて


パックしたりしてました


ですが、透明感とゆうものが、まったくなく


いつもくすんでいる感じだった。


コントールカラー(みどり、や、紫)なんか使ってたけど


私の目指すところにはいかなかったな。


今おもえば、もったいないことしました

もともと色白いかったのが

タバコのせいで、いつもくすんだ顔、だったんだな、ておもう。



それでも痩せたいから吸う!

とゆうのであれば止めませんけど


胃がんとタバコ


は、かなり関係あるとどこかにかかれていました


過食嘔吐していて、いちばん怖い病気は


胃がんと


食道がん


です


過食嘔吐やめれてないので

その恐怖は、いつもあります
『ヒミツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« デート中の過食嘔吐 | トップ | 吐きやすい食材と吐きにくい食材 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む