おべんとう&フリー素材

お弁当とフリー素材(イラストのみ)、その他徒然。(ケイタイ用アイコンはアーカイブから)
素材はDLしてお使いください。

第一次南極観測隊、出発の日から60年

2016-11-08 06:49:47 | らいでん・るい・猫
数日前、記事になってた。

今日は60年前の1956年、第一次南極観測隊が南極へ向かった日。
子猫だった”三毛猫タケシ”、樺太犬22頭、カナリヤ2羽と一緒に。

翌々年の2月、第二次越冬隊と入れ替わるはずだったのが、
悪天候などで越冬を断念、猫とカナリヤは持ち帰ることができたけど、
タロ・ジロを含む樺太犬15頭はやむなく置き去り。

その翌年、奇跡の再会。


* * *


22頭の樺太犬のうち、2頭は越冬前に病気で帰還。

越冬中、3頭が病死、1頭が行方不明になったそうです。

子犬が8頭生まれ、子犬たちと母犬は、なんとしてでも帰そうと
重量オーバーになった中、荷物を捨てたりして無理くり帰還できたけど、
樺太犬はどうしても連れて帰れなかったそうです。

当然避難の声も大きかった。

今は生き物を持ち込めないそうです。

写真を見ると、タケシがほんとにかわいい。
みんなを癒していたんだろうなあ。

絵本の中では、港に降りてすぐいなくなったことになっているけど、
実際には、隊員の一人が引き取りしばらく飼っていたけど、
留守中にいなくなってしまったのだそうです。

「南極から帰ってきた猫」
「第1次南極観測」(船の科学館)
「宗谷」(船の科学館)360度パノラマ体験もできる!


こねこのタケシ―南極大ぼうけん (すずのねえほん)

阿見 みどり
銀の鈴社
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 幕の内風/お弁当 | トップ | ピーマンの肉詰め焼き/お弁当 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL