樵(きこり)の日記

福岡県の奥八女に棲む一人の樵が、田舎から発信する「自分発行き先不明」の情報切符。

加計学園問題の『本質』

2017年07月11日 | 社会の出来事

加計学園や京都産業大学、あるいは新潟は獣医学部を作りたい
           ↓
獣医師足りてるので、新設は認めない(文科省)
そもそも獣医学部新設を認めないという告示^^;が文科省に存在
新規大学設置の審査も行わない(許認可権を持つ文科省が受け付けない)
           ↓
その見返りに文科省と獣医学部のある大学で天下りが常態化
           ↓
特区諮問会議やワーキンググループは獣医師が現場に足りない、地域に偏在しているという声を受けて、獣医学部の新設を推進しようとするが、文科省が渋る
           ↓
文科省にどうして新規参入を認めないのか理由を求めるが、納得できる説明が無い
二度にわたる回答を求めたが回答できず(獣医師会の抵抗)
           ↓
獣医師会は渋々新設を認めるが、一校だけにしてくれと注文 
この際、新設の根拠として「広域的~」などの文言が入ったのはココ     
                               ↓
申請のあった3校全てを認めたかったが、まずは一校で岩盤規制に穴を空けることが重要と考え、十数年前から申請し続けていた今治市に決定

というハナシ。

前川喜平氏が天下り斡旋で引責辞任したが、タブン獣医師会の後押しを受けて獣医学部の新設そのものを潰そうとした。その見返りは用意していたのだろう。

加計学園と安部さんはお友達 

この分かりやすい構図を持ち出すことで、国民の目を欺いているのがマスコミと前川喜平、獣医師会。国民はまんまと彼らの術中にハマり、既得権側の片棒担いでいることにすら気付いてない(笑) 

コレをみれば一目瞭然、マスコミもこの時点で一校に絞られたのは獣医師会の激しい抵抗でやむなくこうなったって事、みんな聞いてるのに報道もしないのだ(笑) 石破4条件についても、何処も基準を満たしているって事も聞いてる。にもかかわらず、相変わらず需給見通しがどうのこうのとか言ってる。八田さんが言うように、曖昧な需給見通しを盾に新設を認めなかった告示そのものに問題があるって事、マスコミは全くダンマリである(^_^;)

いい加減みんな目を覚まして欲しいものだが、情報弱者が多く、仮にネット環境があっても情報を見て自分で考えない今の日本人。どんなに説明しようが、マスコミに刷り込まれたイメージを鵜呑みにしてる今は…

タブン無理だろうな(笑)


(全録)加計学園・獣医学部新設 有識者が会見 その1

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしても…(笑) 加計学園問題 | トップ | 落ちるところまで落ちた民進党 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL