樵(きこり)の日記

福岡県の奥八女に棲む一人の樵が、田舎から発信する「自分発行き先不明」の情報切符。

落ちるところまで落ちた民進党

2017年07月12日 | 社会の出来事

民進党が国家戦略特区制度の停止法案を参院に提出した。

もう…ムチャクチャである。

自らが政権運営してた折には政治主導といって官僚を敵呼ばわりしておきながら、今回は前川喜平を正義のヒーローのように扱い、岩盤規制側に立って安部内閣を揺さぶる。反安部であれば悪魔であっても手を握る節操の無さにも呆れたが、今度はなんと特区制度の停止法案を出したと言うからさらに驚きだ。

これは…民進党は規制緩和しない、改革はしないと宣言してるに等しい。
この際既得権を持つ側に立って甘い汁を吸おうという魂胆か。ただ良く考えれば、これも民進党お得意の「茶番劇」に過ぎない。加計学園問題で意思決定プロセスの不透明さ(彼らが勝手に言ってるだけ)を念頭に、歪められたこの制度を停止するという。

なんてことはない、「廃止法案」では無く「停止法案」てトコがミソで(笑)
よーするにこの政権批判が高まっている今こそ、国民に自分たちをアピールするチャンスと考え「道具」にしてるだけ。逃げ道を残すための停止法案なのだww 体の良いアピールだけ。本気でやってるとしたら…終了だな。

この政党、一体どこまで姑息なのか。

選挙で勝つためなら政治理念の全く違う共産党とでも手を握る。
改革と叫んではいるが安部政権を倒すためなら既得権側に立って改革を止めようとする。
官僚の天下りを絶対悪と言いながら、今はその責任とって辞めた人間と手を結ぶ。

こんな節操の無い政党だから支持率が上がんないんだよ。
民進党は
少なくとも国家戦略特区に選ばれた自治体を完全に敵に回した。自分で自分の首を絞めてるようなものだ。今度こそ、息の根を止めなければ国益にならない。

調子に乗りすぎたな。

戦略特区の地元首長、民間議員らが特区推進を主張https://www.youtube.com/watch?v=BQNoZgSnjZI

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園問題の『本質』 | トップ | 朝日Twitterにブーメラン刺さる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL