バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞培養基材及びパターン化された培養細胞の培養方法

2017年08月05日 | 細胞と再生医療
出願人: 東京応化工業株式会社, 国立大学法人九州大学
発明者: 田中 敬二, 松野 寿生, 小森 浩貴, 下村 信一朗, 木下 洋平

出願 2014-048804 (2014/03/12) 公開 2014-223057 (2014/12/04)

【要約】【課題】細胞培養表面に対する位置選択的な物理的処理又は化学的処理を施すことなく製造でき、細胞培養表面の下層に設けられる下層基板が備える凹凸パターンの作用によって生じる細胞培養表面の力学的性質の位置特異性に基づいて、パターン化された培養細胞を培養できる細胞培養基材と、当該細胞培養基材を用いるパターン化された培養細胞の培養方法とを提供すること。【解決手段】表面に凹凸パターンを有する下層基板と、下層基板上に積層された、細胞培養表面を有する上層膜とを備え、上層膜が凹凸パターン中の凹部を覆っており、下層基板と上層膜とが凹凸パターン中の凸部のみで接している、細胞培養基材を用いる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2014223057/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳癌の検出方法  | トップ | 多孔質中空糸の内腔を用いる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。