バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

「化血研」問題 外部のチェック態勢整備など提言

2016年10月19日 | NEWSクリッピング

 熊本市の「化血研」が国の承認と異なる方法で血液製剤を製造するなどしていた一連の問題を受けて、厚生労働省の特別対策チームは、業界のコンプライアンス強化に向けて外部によるチェック態勢の整備などを求める提言をまとめました。NHKニュースweb.,2016年10月18日


ワクチン不正製造を否定=厚労省指摘に反論―化血研

時事通信 10月18日

 化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)が国の承認と異なる方法で日本脳炎ワクチンを製造していたとされる問題で、化血研の木下統晴理事は18日、熊本市内で記者会見し、社内調査の結果、不正な製造は行われていなかったとの見解を示し、厚生労働省の指摘に反論した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000144-jij-soci
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ソフトバンク、米バイオVB ... | トップ |  月経前症候群と疲労骨折との... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。