バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞のアンチエイジングに関連する生体分子群

2017年04月29日 | 細胞と再生医療

出願番号 特願2015-534314
出願日 平成26年8月28日(2014.8.28)
国際出願番号 JP2014072661
国際公開番号 WO2015030149
国際出願日 平成26年8月28日(2014.8.28)
国際公開日 平成27年3月5日(2015.3.5)
優先権データ
特願2013-177763 (2013.8.29) JP
発明者
三浦 典正
出願人
国立大学法人鳥取大学

発明の概要 新規のMuse細胞様細胞の生産方法、又は細胞集団の寿命を延長する方法を明らかにする。
ELAVL2、TEAD1、又はGATAD2Bの発現又は機能を阻害する工程を含む、Muse細胞様細胞の生産方法を用いる。このとき、siRNA又はshRNAによってELAVL2、TEAD1、又はGATAD2Bの発現又は機能を阻害してもよい。J-Store >>国内特許コード P170014013

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加齢黄斑変性の発症に関与す... | トップ | 「抗がん剤、進行がんの75... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。