バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

大豆たんぱくを含有する経腸栄養剤

2017年07月23日 | 医療 医薬 健康
経腸栄養剤
出願人: テルモ株式会社
発明者: 谷 泰代, 有泉 剛

出願 JP2011072309 (2011/09/29) 公開 WO2012043688 (2012/04/05)

【要約】たんぱく源として大豆たんぱくを含有しながらも、殺菌や調合時を施しても、凝集や熱変性による急激な粘度上昇、不均一化を起こさず、安定であり、かつ大豆特有のエグ味やざらつきを感じさせない風味良好な経腸栄養剤を提供する。たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、および食物繊維を配合し、pHが3~4の範囲である酸性タイプの経腸栄養剤において、たんぱく質として、分子量6000未満のペプチド画分を20~40%含有する大豆たんぱく質が、全たんぱく質中5~65%配合された経腸栄養剤である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2012043688/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロバイオティクスの安定化 | トップ | C型肝炎治療剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。