バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ストレスが高尿酸血症の発症に関与するメカニズムを解明

2017年05月03日 | 循環系 心臓

プレスリリース 掲載日:2017.05.01
修文大学 名古屋大学

名古屋大学医学部附属病院(病院長・石黒直樹)検査部の竹下享典(たけしたきょう すけ)講師、名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)循環器内科学・室原豊明教授、メメット・イスリー大学院生、名古屋大学医学部附属病院検査部 松下 正 教授、修文大学 丹羽利充 学長らの研究グループは、実験動物モデルを解析して、情 動ストレスが高尿酸血症を促進する機序を明らかにしました。
https://research-er.jp/articles/view/58016
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臓器が形作られる過程を復元... | トップ | 腸管免疫を利用したスギ花粉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

循環系 心臓」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。