バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

卵子の受精可能性の検査のためのバイオマーカーおよびそれを用いた判定

2017年04月23日 | 医療 医薬 健康

出願番号 特願2015-529492
出願日 平成26年7月10日(2014.7.10)
国際出願番号 JP2014068506
国際公開番号 WO2015016036
国際出願日 平成26年7月10日(2014.7.10)
国際公開日 平成27年2月5日(2015.2.5)
優先権データ
特願2013-156672 (2013.7.29) JP
発明者
宮本 薫
水谷 哲也
折坂 誠
田中 憲次
李 良子
野中 大輔
麻田 恭一
出願人
国立大学法人福井大学
株式会社プロトセラ
発明の名称 NEW
発明の概要 卵子の受精可能性を検査するための新規なバイオマーカーの提供。
被検者より採取した卵胞液中の、配列番号1~4で表されるアミノ酸配列からなるペプチド群より選択される1以上のペプチドの量を測定することを特徴とする、該被検者における卵子の受精可能性の検査方法。J-Store >>国内特許コード P170014022
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物細胞凍結保存液用ガラス... | トップ | 生物学的組織に血管系を付与... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。