バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

リンパ球性白血病を治療するためのロスコビチンの使用

2017年05月05日 | 医療 医薬 健康
出願人: サイクラセル・リミテッド, Cyclacel Limited
発明者: ジャンネラ−ボラドリ アソス, モス ポール, スタンコヴィック タジァナ, グリーン サイモン, レイン デイビッド

出願 2006-518328 (2004/06/30) 公開 2007-526882 (2007/09/20)


【要約】本発明は、慢性リンパ球性白血病を治療する医薬品の調製における、ロスコビチン又は薬剤として許容されるその塩の使用に関する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2007526882/


審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗CD16結合分子 | トップ | アントゴニスト抗CD40モ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。