バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

Aktを抑制する薬物とを活性成分として含むアポトーシス誘導剤

2016年10月08日 | 細胞と再生医療

アポトーシス誘導剤
出願人: 日東電工株式会社
発明者: 新津 洋司郎, 西夛 裕樹, 田中 洋行

出願 2012-278706 (2012/12/20) 公開 2014-122175 (2014/07/03)

【要約】【課題】 本発明は、細胞において効果的にアポトーシスおよび/または増殖阻害を誘導するための組成物およびそれを用いる方法を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明は、GST−πを抑制する薬物と、Aktを抑制する薬物とを活性成分として含む、アポトーシスを誘導するための剤、これを含む医薬組成物、これを用いたアポトーシスの異常に伴う疾患の処置方法等に関する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2014122175/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条件的自食作用欠損動物及び... | トップ | 癌治療剤候補化合物の同定方法  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。