バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

2型糖尿病の診断方法

2007年11月12日 | 医療 医薬 健康
出願番号 : 特許出願2004-73597 出願日 : 2004年3月15日
公開番号 : 特許公開2005-253434 公開日 : 2005年9月22日
出願人 : 北海道ティー・エル・オー株式会社 発明者 : 原島 秀吉 外2名

発明の名称 : 2型糖尿病の診断方法

【課題】 サンプリングが容易な組織における遺伝子の発現解析によって2型糖尿病を診断できる(特に2型糖尿病の発症前において、将来2型糖尿病を発症する可能性があるか否かを診断でき、2型糖尿病の早期発見を可能とする)、2型糖尿病の診断方法を提供する。
【解決手段】 被験者の血液から採取された白血球における所定遺伝子の発現レベルを指標として2型糖尿病の診断を行う際、所定遺伝子として下記(a-1)~(a-4)から選択された1種類又は2種類以上の遺伝子を利用する。
(a-1) カルボキシペプチダーゼBをコードする遺伝子
(a-2) カテプシンBをコードする遺伝子
(a-3) チロシンアミノトランスフェラーゼをコードする遺伝子
(a-4) 補体第2成分をコードする遺伝子
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒアルロン酸産生促進剤、ア... | トップ | RNAバイオアッセイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。