バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

リパーゼの活性測定用組成物および活性測定法

2017年06月16日 | 診断 分析 検査 予防 実験動物

出願人: 旭化成ファーマ株式会社g
発明者: 今村 茂行

出願 JP2005021213 (2005/11/18) 公開 WO2006054681 (2006/05/26)


【要約】【課題】日常行われる臨床検査の現場において簡便で操作性に優れ正確性と再現性に優れた酵素法によるリパーゼ活性測定試薬の提供。【解決手段】低濃度の緩衝液に溶解したジグリセリドをリパーゼの基質とすることで液状で長期保存安定性を確保し、リパーゼ反応で生成されるモノグリセリドをモノグリセリドリパーゼでグリセロールに変換し更にグリセロールキナーゼ、ピルビン酸キナーゼ、ラクテートデヒドロゲナーゼ、還元型NAD、ATP、ホスフォエノールピルビン酸を含有してなる試薬、またはリパーゼ反応で生成されるモノグリセリドをモノグリセリドリパーゼでグリセロールに変換し更にグリセロールキナーゼ、グルコース、ADP依存性へキソキナーゼ、グルコース−6−リン酸デヒドロゲナーゼ、酸化型NADまたは酸化型NADP、ATP、を含有してなる試薬またはリパーゼ反応で生成されるモノグリセリドをモノグリセリドリパーゼでグリセロールに変換し更にグリセロールキナーゼ、グリセロ−3−リン酸オキシダーゼ、ペルオキシダーゼ、過酸化水素発色色素から構成される試薬を用いてリパーゼ活性を測定する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2006054681/


リパーゼ活性測定用組成物および活性測定法
スコア:2269

出願人: 旭化成ファーマ株式会社goo
発明者: 今村 茂行

出願 2006-137073 (2006/05/16) 公開 2007-306821 (2007/11/29)

【要約】【課題】植物由来及び/又は微生物由来製造の現場や植物由来及び/又は微生物由来リパーゼを用いる臨床検査薬の品質管理において簡便で操作性に優れ正確性と再現性に優れた酵素法によるリパーゼ活性測定試薬の提供。【解決手段】非イオン性界面活性剤に溶解したジグリセリドを植物由来及び/又は微生物由来リパーゼの基質として用い、植物由来及び/又は微生物由来リパーゼ反応によって生成されるモノグリセリドを酵素法により検出することで精度・再現性に優れた試薬液状で長期保存安定性を確保し、植物由来及び/又は微生物由来リパーゼ反応で生成されるモノグリセリドを酵素的に検出する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2007306821/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球外生命の可能性、木星と... | トップ | 崩壊剤、並びにそれが含まれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。