バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

医療への応用に適した細胞組織体を効率よく製造する培養方法及び培養装置

2014年12月09日 | 細胞と再生医療

国際出願番号 : PCT/JP2011/070533 国際出願日 : 2011年9月8日
国際公開番号 : WO2012/033181 国際公開日 : 2012年3月15日
出願人 : 国立大学法人 筑波大学 発明者 : 福田 淳二 外3名

発明の名称 : 培養方法及び培養装置

医療への応用に適した細胞及び/又は細胞組織体を効率よく製造する培養方法及び培養装置を提供する。
本発明に係る培養方法は、電極層30に接着した細胞を培養する方法であって、一方の末端を構成しチオレートを介して前記電極層に結合する末端アミノ酸11と、他方の末端を構成し細胞接着性のアミノ酸配列からなる細胞接着性配列14と、前記細胞接着性配列14の前記一方の末端側に結合し複数の酸性アミノ酸13aと複数の塩基性アミノ酸13bとが1つずつ交互に結合してなる交互配列13と、を有するオリゴペプチド10で被覆された前記電極層30に前記細胞を接着させて培養する第一工程と、前記細胞が接着している前記電極層30に、前記オリゴペプチド10が還元脱離する電位を印加して、前記細胞を前記電極層30から脱離させる第二工程と、を含む。 特許資料>>astamuse WO 2012



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 継続的に培養液を製造する移... | トップ | 9月発売の抗がん剤新薬、患... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。