バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

マイコプラズマ・ボビスチャレンジモデル並びにマイコプラズマ・ボビスの投与方法及び肺炎性肺病変の誘発方法

2016年10月18日 | 医療 医薬 健康
.
マイコプラズマ・ボビスチャレンジモデル並びにマイコプラズマ・ボビスの投与方法及び肺炎性肺病変の誘発方法

出願人: ファイザー・プロダクツ・インク
発明者: ロビン リー ケイキ, ラツーロ パル スティプコヴィッツ

出願 2003-522292 (2002/07/25) 公開 2005-500845 (2005/01/13)

【要約】本発明は、増殖可能なマイコプラズマ・ボビスチャレンジモデル、及びマイコプラズマ・ボビス培養物の有効量を動物に投与することにより、マイコプラズマ・ボビスに感染することによって発生する疾病又は障害を高信頼で誘発及び確立する方法を提供する。本発明のチャレンジ培養物は、マイコプラズマ・ボビス特異的細胞性又は体液性免疫応答を誘発するのに充分な量で投与される。本発明によるマイコプラズマ・ボビスチャレンジモデルは、効力のあるワクチンの有効性を評価するのに用いることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2005500845/

審査請求:有 審査最終処分:取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  酢酸キナーゼまたはカルバメ... | トップ | マイコプラズマ汚染防止のた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。