バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ネフローゼ症候群の疾患関連たんぱく質およびその使用

2017年03月07日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸
出願人: 財団法人ヒューマンサイエンス振興財団, 独立行政法人医薬基盤研究所
発明者: 金子 勲, 三宅 良英

出願 2006-171584 (2006/06/21) 公開 2008-002894 (2008/01/10)

【要約】【課題】ネフローゼ症候群の病態判定に有効であり治療効果を迅速に反映する血清たんぱく質を見出し、それを用いた本疾患の治療モニタリング法や予後方法、そのためのキット、ならびにネフローゼ症候群の治療薬のスクリーニング方法を提供する。【解決手段】ネフローゼ症候群の病態の判定方法であって、ネフローゼ症候群の被験者から試料を得ること、次いで試料中のzinc alpha−2−glycoprotein 1(ZAG)の量を調べることを含む方法。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2008002894/

審査最終処分:未審査請求によるみなし取下
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CD34幹細胞に関連した方... | トップ | 刺激惹起性多能性獲得細胞 S... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

酵素・蛋白質・ペプチド・核酸」カテゴリの最新記事