バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年06月17日 | 酵素・蛋白質・ペプチド・核酸

出願番号 特願2013-042322
公開番号 特開2014-168831
登録番号 特許第6041306号
出願日 平成25年3月4日(2013.3.4)
公開日 平成26年9月18日(2014.9.18)
登録日 平成28年11月18日(2016.11.18)
発明者
岩城 光宏
出願人
国立研究開発法人理化学研究所
発明の名称 ポリヌクレオチドを用いたコイル及びその製造方法 NEW
発明の概要 【課題】柔らかい物性を持ったナノ構造物の作成を目的とする。
【解決手段】2本鎖ポリヌクレオチドの周期性を利用して、1本鎖ヌクレオチドからなるスカフォールド(足場)を、オリゴヌクレオチドからなるステイプル(staple)により連結しバンドル化されてなる、曲率を持った柔らかい3次元コイル構造であって、前記連結の位置を、前記ポリヌクレオチドの周期性からずらした位置としていることを特徴とする3次元コイル構造。 J-Store>> 国内特許コードP170014197
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有害微生物に特有な細胞壁合... | トップ | 血管新生阻害剤  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。