バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ウイルス感染の予防および処置のための材料および方法

2017年03月15日 | 医療 医薬 健康

出願人: パラファーム カンパニー リミテッド, バーシテック リミテッド
発明者: ラウ アラン シク-イン, ヤン レイ ハング シンディ, ロー アンナ ヒン-イー

出願 2012-546519 (2010/12/30) 公開 2013-516400 (2013/05/13)

【要約】本発明はウイルス感染を予防および処置するための新規かつ好都合な方法を提供する。本明細書において具体的に例示されるのはホルシトシドAおよびジャカラノン、つまり連翹(レンギョウ)などの従来の漢方材料から単離された化合物の治療的使用である。同様に提供されるのは、ウイルス感染を予防および処置するための銀翹散組成物の使用である。
http://kantan.nexp.jp/特許/t2013516400/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮遊ウイルス感染対策方法  | トップ | がん細胞「兵糧攻め」、阪大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。