バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒト腫瘍壊死因子−アルファに特異的なヒト化抗体

2016年12月20日 | 医療 医薬 健康
出願人: ユーハン・コーポレイション, YUHAN Corporation
発明者: ヨ・テヒョン, ソン・モヨン, キム・チャンソク, パク・サンコ, ナ・カンイン, リー・ビュンキュ, カン・フイイル

出願 2007-549269 (2005/12/29) 公開 2008-525048 (2008/07/17)

【要約】hTNF−αに特異的に結合するヒト化抗体は、CDR(相補性決定領域)グラフト法によってマウス単クローン個体から調製し、それらは本来のマウス単クローン抗体と同等の抗原結合親和性および有意に低い免疫原生を示す。従って、このヒト化抗体は、関節リウマチ、クローン病、乾癬性関節炎、乾癬、敗血症、喘息、ヴェーゲナー肉芽腫症、炎症および強直性脊椎炎のようなhTNF−α関連疾患の治療に効果的に用いることができる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2008525048/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士フイルム 再生医療の総合... | トップ | 上皮成長因子受容体に特異的... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。