バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

新しい免疫学的レパートリーの開発法

2016年11月26日 | 医療 医薬 健康
出願人: スクリップス クリニック アンド リサーチ ファウンデーション, Scripps Clinic And Research Foundation, ストラタジーン
発明者: ラーナー リチャード エイ, ゾーガ ジョセフ エイ

出願 2007-027339 (2007/01/10) 公開 2007-175058 (2007/07/12)

【要約】【課題】VH又はVL触媒作用性受容体をコードする核酸の生産方法を提供する。【解決手段】(1)保存されたVH又はVL受容体コードDNAのレパートリーの鎖を分離し、前記分離された鎖を第1及び第2のポリヌクレオチド合成プライマーで処理することによって、少なくとも103個の異なるVH又はVL受容体コードDNA相同体を含有する保存されたVH又はVL受容体コードDNAのライブラリーを合成する工程及び(2)前記ライブラリーから、触媒作用性受容体をコードするVH又はVL受容体コード核酸を分離する工程、を有する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2007175058/


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌疾患の治療、診断及び検査... | トップ | NK細胞強化型血液製剤の製... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。