バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

腸内生息性乳酸菌を高濃度で含有する乳酸醗酵食品およびその製造方法

2016年10月12日 | 腸内細菌 プロバイオティクス

出願人: オハヨー乳業株式会社
発明者: 中村 昇二, 藤井 祐介

出願 2004-087369 (2004/03/24) 公開 2005-269976 (2005/10/06)

【要約】【課題】腸内生息性乳酸菌を長期間にわたって高濃度に含み、そのため保健機能の面で著しい効果が期待される腸内生息性乳酸菌を高濃度で含有する乳酸醗酵食品およびその製造方法の提供。【解決手段】乳と豆乳を所定の割合で混合して調製される原料を主成分として含む主原料に対して、必須の種菌として腸内生息性乳酸菌を所定量接種して醗酵せしめて得られる乳酸醗酵食品であって、(1)最適生育温度帯で培養した際に得られる乳酸醗酵食品中に含有される前記腸内生息性乳酸菌の濃度が、乳あるいは豆乳のみを主原料として得られる乳酸醗酵食品よりもはるかに高く、かつ(2)最適生育温度帯で培養した際に得られる乳酸醗酵食品の生成乳酸酸度が、乳あるいは豆乳のみを主原料として得られる乳酸醗酵食品よりもはるかに高い、(3)長期保存後も前記腸内生息性乳酸菌の生存比率が高い乳酸醗酵食品により課題を解決できる。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005269976/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 砂糖入り飲料に課税を=肥満... | トップ | シリカおよびシリカに固定化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。