バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

テストステロン分泌促進剤、抗疲労剤及びその製造方法と利用

2017年06月14日 | 健康・栄養機能性成分
出願人: 株式会社福山こめ酢, ビーエイチエヌ株式会社
発明者: 大野 浩二, 石原 健夫, 野崎 勉, 秋本 亮, 藤本 滋生

出願 2012-062679 (2012/02/29) 公開 2013-181031 (2013/09/12)

【要約】【課題】本発明は、体内のテストステロン値を高め、疲労を予防・軽減及び回復を促進するテストステロン分泌促進剤及び抗疲労剤を開発し、これを産業上有効に活用できる態様の組成物、及び、テストステロン値を高め、疲労を予防・軽減及び回復させる方法を提供することを課題とした。【解決手段】黒酢もろみ、黒酢もろみとホスファチジルセリンとの組み合わせ、大豆と大麦及び又は玄米とを原料として、発酵処理して得られた穀物酢及びそのもろみ、及び、これらとホスファチジルセリンとの組み合わせを特徴としてなるテストステロン分泌促進剤、抗疲労剤、サルコペニア、オステオペニア、男性更年期障害、肥満、鬱、ED、脱毛、糖尿病、冠動脈疾患等を予防及び/又は改善、鎮痛、滋養強壮、筋肉増強、及び、性機能、持久力、集中力やスポーツにおけるパフォーマンス等を向上するための経口用組成物が提供され、又、これらを経口摂取する方法が提供される。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2013181031/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひじき又はその抽出物を含有... | トップ | 近赤外分光法による乳房炎診... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。