バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒトES/iPS 細胞に適した環境を創出するデバイスの開発に成功

2016年10月19日 | 医療 医薬 健康
記事一覧プレスリリース
-創薬や再⽣医療の更なる発展のカギに-

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2016.10.19
京都大学

京都大学(総長:山極壽一)物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)の陳勇(チェン・ヨン)特定拠点教授、亀井謙一郎(かめい・けんいちろう)特定准教授らの研究グループは、ヒトES/iPS細胞に適した非常に小さな3次元空間を創りだすデバイスの開発に、世界で初めて成功しました。この研究成果は、ヒトES/iPS細胞※1から機能的な組織の作製法の開発につながると期待されます。
https://research-er.jp/articles/view/51408
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジカウイルス感染によると思... | トップ | エラスチンのアミノ酸配列を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。