バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

健康管理支援システム

2016年11月20日 | 医療 医薬 健康
出願人: 株式会社日立製作所
発明者: 島田 和之, 伴 秀行, 松尾 仁司, 在塚 俊之

出願 2003-351516 (2003/10/10) 公開 2005-115799 (2005/04/28)

【要約】【課題】 運動時又は日常生活において,個人の生体情報や主観的な情報を収集する健康管理支援システムを提供する。【解決手段】 身体に装着して生体情報を収集するセンサウェアと,生体情報を記憶部に格納する管理サーバと,入出力デバイスと,センサウェアと管理サーバと入出力デバイスとが通信可能なネットワークとを有する健康管理支援システムであって,メッセージの内容とメッセージを出力する条件を記述するメッセージ知識ベースと,主観的な情報を収集する質問を識別する質問IDと質問内容と回答選択肢を記述する問診知識ベースとを管理する知識ベース管理部と,メッセージ知識ベースの条件に質問IDを含む場合に,入出力デバイスに質問IDの質問内容と回答選択肢を出力し,入力された回答結果を質問IDと関連付けて記憶部に格納する問診部と,記憶部のデータに応じて知識ベースからメッセージを判断するアドバイス判断部と,メッセージ出力部とを有する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2005115799/


健康管理支援システム
出願人: 株式会社日立製作所
発明者: 島田 和之, 伴 秀行, 竹島 昌弘, 坪倉 義明

出願 2004-207987 (2004/07/15) 公開 2006-026037 (2006/02/02)

【要約】【課題】生活習慣病リスク因子を簡易に収集する健康管理支援システムを提供する。【解決手段】健康管理支援システムは、(1)生体情報を検出するセンサと、(2)、生体情報を格納する記憶部を有するホームサーバ、(3)入出力端末と、(4)ネットワークと、(5)生活習慣病のリスク因子が格納されたリスク判定知識ベース、リスク因子の有無を判定するセンサ判定知識ベース、及び、リスク因子を收集する問診知識ベースを管理する知識ベース管理部と、(6)センサ条件を読み出し、リスク因子の有無を判定し、結果を記憶部に格納するセンサ判定部と、(7)質問と回答選択肢を問診知識ベースから抽出して入出力端末に出力し、選択された回答選択枝をチェック結果としリスク因子と共に記憶部に格納する問診部と、(8)リスク因子、チェック結果から生活習慣病のリスク値を算出して出力するリスク判定部とを有する。

http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2006026037/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界初!細胞をがん化させる... | トップ | 生存期間及び健康寿命を増加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療 医薬 健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。