バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

アスペルギルス・オリゼー由来β-N-アセチルグルコサミニダーゼをコードする遺伝子

2006年11月13日 | 菌類 細菌
出願番号 : 特許出願2000-48649 出願日 : 2000年2月25日
公開番号 : 特許公開2001-231572 公開日 : 2001年8月28日
出願人 : 明治乳業株式会社 発明者 : 北本 勝ひこ 外3名

発明の名称 : アスペルギルス・オリゼー由来β-N-アセチルグルコサミニダーゼをコードする遺伝子

【課題】 N-アセチルグルコサミンを含むオリゴ糖合成に有用なβ-N-アセチルグルコサミニダーゼを効率的に調製する。
【解決手段】 アスペルギルス・オリゼー由来β-N-アセチルグルコサミニダーゼをコードする遺伝子。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒト破骨細胞由来遺伝子 | トップ | リシン残基特異的酵素活性タ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【グルコサミン】関節の痛みにグルコサミン (【グルコサミン】関節の痛みにグルコサミン)
グルコサミンはカニやエビのキチン質の主成分。間接のすり減った軟骨を再生!