バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

酸素増強細胞培養基盤

2016年11月05日 | 細胞と再生医療
出願人: ユニバーシティ オブ マイアミ
発明者: フレイカー,クリストファー,エイ., ドミンゲス−ベンダラ,ジュアン, リコルディ,カミロ, インヴェラルディ,ルカ

出願 2009-518655 (2007/07/09) 公開 2009-542230 (2009/12/03)

【要約】拡散又は散布を必要としない細胞への増強された酸素の輸送と供給とをもたらす細胞を培養するための細胞培養装置を提供する。酸素の拡散が培養容器の側部と、上部と、底部とで生じる。組成物中にペルフルオロカーボンを含むガス透過性膜は、細胞培養容器装置内に含まれる細胞又は組織の環境と、細胞培養装置をインキュベートするインキュベーター内の雰囲気との間で酸素の迅速な、増強された、均一な移動を可能にする。明細書 ekouhou Text., 公開 2009-542230
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出生後の被験体から神経幹細... | トップ |  ヘマトポエチン受容体、HP... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。