バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

日医が薬局との連携の重要性に言及した意味

2017年04月05日 | NEWSクリッピング
日経メディカル.2017年2月15日、

日本医師会が「かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査」の結果の概要を公表した。3月には、103ページに上る報告書(日医総研ワーキングペーパー)がウェブサイトにアップされた。報告書の冒頭に、調査結果の要点が箇条書きでまとめられている。その中で、薬剤師向け月刊誌『日経ドラッグインフォメーション』の編集に携わっている筆者の目に留まったのは、「薬局とのコミュニケーションが取れている診療所は、かかりつけ患者の医薬品の管理ができている。診療所と薬局との連携が重要である」という文章だ。
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_--_296919_--_219873_--_30
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肥満との関連エビデンスがあ... | トップ | コエンザイムQ10、加齢臭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。