バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗食物アレルギー天然活性物質の研究の進展 Searchina

2017年07月01日 | 健康・栄養機能性成分
抗食物アレルギー天然活性物質の研究の進展(その1)
Science Portal Science.,2017年 6月22日

食物アレルギー及びその免疫学的機序、抗 食物アレルギー評価モデル,抗食物アレルギー天然活性物質及びその作用機序を概述し、抗食物アレルギー天然活性物質の発展の見通しを分析したものである。
http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1707/r1707_liu01.html


抗食物アレルギー天然活性物質の研究の進展(その2)
Science Portal China.,2017年 6月26日

 プロバイオティクスは、人体の腸内細菌叢のバランスを調節できる非病原性細菌であり、食品添加剤として食品に直接添加できる。ある調査によると、妊婦の妊娠または哺乳期間にプロバイオティクスを補充すると、乳児のアレルギー性湿疹の発生率を有効に引き下げることができる[32]。ビフィズス菌とラクトバチルスは重要なプロバイオティクスであり、腸内の恒常性を高め、腸の健康を維持することができる。
http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1707/r1707_liu02.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セルシードは食道がん再生治... | トップ | タンパク質を巻き戻すコツと原理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。