バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

急速に進む神経細胞再生の研究(米国)

2011年01月31日 | 細胞と再生医療
マイクロチップ技術により、生物体内で神経を再生する化合物の迅速な識別が可能に

科学者らは長い間、神経細胞(ニューロン)再生の可能性を模索してきた。神経細胞の再生により、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患と同様に、脊髄損傷にも新しい治療法の提供が可能になる。多くの化学物質は、研究所のペトリ皿の中で培養された神経細胞の再生を可能にする。しかし、生体内で作用しているこれらの化学物質を確認することは困難で時間がかかる。ヒト用の薬剤開発にとって、この点は非常に重要である。NEDO海外レポート NO.1069, 2010.12.2
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« より迅速に、より安価に子宮... | トップ | ヤコブ病の確定診断可能に ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。