バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

植物のエピジェネティクス変化をリアルタイムに捉えることに成功

2017年04月19日 | 植物&農業
~マウスの抗体の一部が生きた植物細胞内でも抗原を認識した~

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.04.18
理化学研究所 科学技術振興機構 東京工業大学 東京理科大学


東京理科大学理工学部応用生物科学科 松永 幸大 教授、坂本 卓也 助教、栗田和貴大学院生、理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チーム 関原明チームリーダー、ケミカルゲノミクス研究グループ 吉田稔グループディレクター、東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター 木村 宏 教授らの研究グループは、マウスの抗体の一部を植物細胞において発現させることで、植物の用語1:エピジェネティクス変化を生きたまま解析する方法の開発に成功しました。
https://research-er.jp/articles/view/57604
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒト化ターゲティングモノク... | トップ | がん抑制的マイクロRNAを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。