バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

DNAは細胞のバネとしても働いている 「DNAの新たな役割」を提唱

2017年04月22日 | からだと遺伝子

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.04.21
科学技術振興機構 国立遺伝学研究所 日本医療研究開発機構


情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の島本勇太准教授と前島一博教授らのグループは、細胞の核の「強さ」が産み出される仕組みを、物理の先端技術と生化学の研究手法をもちいて明らかにしました。この成果は、米国細胞生物学会誌である Molecular Biology of the Cell 誌に重要論文であることを示す「ハイライト」として掲載されます。
https://research-er.jp/articles/view/57700
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抑制性神経前駆細胞の増殖、... | トップ | ゲノム編集は遺伝子組換えか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。