バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒト末梢血単核球であるCD14陽性細胞からのランゲルハンス細胞の調製方法

2016年10月25日 | 細胞と再生医療
ノッチリガンドDelta−1、GM−CSF、TGF−βを用いたヒト末梢血単核球であるCD14陽性細胞からのランゲルハンス細胞の調製方法

出願人: 麒麟麦酒株式会社
発明者: 片山 直之, 大石 晃嗣, 珠玖 洋

出願 JP2004010783 (2004/07/22) 公開 WO2005007839 (2005/01/27)

【要約】本発明は、ヒト末梢血単核球であるCD14陽性細胞からランゲルハンス細胞を調製するための方法を提供を目的とする、ヒト末梢血単核球をノッチリガンド、GM−CSFおよびTGF−βの存在下で培養することを含む、ランゲルハンス細胞の調製方法である。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2005007839/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インスリン分泌促進剤  | トップ | 日本人は依然、「たばこの害」を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。