バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

ヒトに感染するアイチウイルスの構造およびその受容体への結合に関する示唆

2016年10月18日 | 医療 医薬 健康

Structure of human Aichi virus and implications for receptor binding

子どもに重篤な胃腸炎を引き起こすが特性解析が進んでいないアイチ(愛知)ウイルスというピコルナウイルスの構造は、エンテロウイルスの構造とカルジオウイルスの構造の中間的性質を示し、その細胞の受容体を同定する手掛かりを与えている。
doi: 10.1038/microbiol.2016.150
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謎めいた疾患に関する遺伝的... | トップ | マイコプラズマ感染症用ワク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。