バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

抗HLA抗体を利用した新規医薬品

2017年05月14日 | 創薬 生化学 薬理学
出願人: 国立大学法人徳島大学, 中外製薬株式会社
発明者: 松本 俊夫, 尾崎 修治, 安倍 正博

出願 JP2006309890 (2006/05/18) 公開 WO2006123724 (2006/11/23)

【要約】インターフェロンが細胞のHLA=Aの発現および抗HLAクラスI抗体による細胞障害にどのような効果を及ぼすかについて、抗HLAクラスI抗体として2D7=DB抗体を用い、IM=9細胞株を対象に試験を行った結果、IFNαまたはIFNγにより、HLA=Aの発現が上方制御されることが実証された。さらに、WST=8アッセイにより、インターフェロンと抗HLAクラスI抗体を併用した場合の細胞生存度を検討ところ、2D7=DBとIFNαまたはIFNγとの組み合わせにより、細胞死活性が増大することがわかった。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2006123724/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗CD38抗体を細胞表面に... | トップ | 癌処置のための組成物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創薬 生化学 薬理学」カテゴリの最新記事