バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

腎機能低下リスクの評価方法

2016年09月18日 | 診断 分析 検査 予防 実験動物
腎機能低下リスクの評価方法
出願人: 財団法人浜松科学技術研究振興会google_iconyahoo_icon
発明者: 山本 龍夫

出願 2006-161433 (2006/06/09) 公開 2007-327921 (2007/12/20)

【要約】【課題】腎機能低下リスクの評価方法及び装置の提供【解決手段】糸球体濾過率の低下及び/又は血液透析の必要性のリスクを評価するための、尿中のアンジオテンシノーゲン濃度の測定方法、及び糸球体濾過率の低下及び/又は血液透析の必要性のリスクを評価するための、尿中のアンジオテンシノーゲン濃度の測定装置。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2007327921/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大腸癌マーカー検出方法  | トップ | 虚血性疾患治療剤 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。