バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

E型肝炎ウイルス様粒子を用いた多抗原送達系

2017年03月07日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: ザ リージェンツ オブ ザ ユニバーシティ オブ カリフォルニア, The Regents of The University of Californiagoogle_iconyahoo_icon, 国立感染症研究所長, 独立行政法人医薬基盤研究所
発明者: チェン、アール.、ホランド, シン、リ, ミヤムラ、タツオ, ヤストミ、ヤスヒロ, リ、ティアン−チェン, タケダ、ナオカズ

出願 2011-552226 (2010/03/01) 公開 2012-519006 (2012/08/23)

【要約】本発明は、免疫防御系の経口/粘膜二元様式活性化のためのペプチド/核酸組成物を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2012519006/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンゾウ属植物の薬用成分濃... | トップ | カスパーゼ1活性化阻害剤、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

抗体 免疫 抗原 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。