バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

がん免疫療法の治療効果予測に有用な遺伝子多型

2017年05月16日 | 細胞と再生医療

出願番号 特願2016-515232
出願日 平成27年4月24日(2015.4.24)
国際出願番号 JP2015062595
国際公開番号 WO2015163462
国際出願日 平成27年4月24日(2015.4.24)
国際公開日 平成27年10月29日(2015.10.29)
優先権データ
特願2014-091677 (2014.4.25) JP
発明者
笹田 哲朗
伊東 恭悟
本山 悟
出願人
学校法人 久留米大学
国立大学法人秋田大学
発明の名称 がん免疫療法の治療効果予測に有用な遺伝子多型 NEW
発明の概要 IL-6受容体遺伝子(IL-6R遺伝子)の遺伝子多型を検出することができるポリヌクレオチドを含む、がん免疫療法の治療効果の予測用組成物またはキットを提供する。また、IL-6R遺伝子の遺伝子多型を検出することを含むがん免疫療法の治療効果の予測方法を提供する。J-Store >>内特許コードP170014077
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 間葉系幹細胞の賦活化剤 | トップ | 薬剤のみを用いて多能性幹細... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。