バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

多能性幹細胞から骨格筋細胞への分化誘導方法

2017年04月21日 | 細胞と再生医療
出願人: 国立大学法人京都大学
発明者: 櫻井 英俊, 田中 章仁, ウォルツェン、クヌート, 池谷 真

出願 2014-521869 (2012/08/17) 公開 2014-533491 (2014/12/15)

【要約】本発明は、MyoD、Myf5およびそれらをコードする核酸から選ばれる1以上の外因性因子を、多能性幹細胞において発現させる工程を含む、多能性幹細胞から骨格筋細胞を製造する方法を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/t2014533491/
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳がよみがえる!?再生医療... | トップ | インスリン分泌細胞の誘導 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。